顔の産毛処理は中学生から

顔の産毛処理は中学生から

顔の産毛処理は中学生から始まっているそうです。女子の話ですが。
沖縄などの日本でも南国の方では、小学生ぐらいまでは鼻の下にちゃんとひげのような産毛が生えていて、南国らしいと思う人もいます。
でも、中学生ぐらいになると顔の産毛処理をちゃんとしていて、鼻の下の産毛もなくなっているようなのです。

 

身体のムダ毛は服装で隠せても、顔の産毛処理はちゃんとしなければ、人と話をする時にしどろもどろになると困りますよね。
だから、中学生でも、顔の産毛が濃い場合は、ちゃんと顔の産毛処理をしているのです。

 

中学生ごろから、顔にうっすら産毛が生えだすため、産毛を気にし出す人が増えていきます。
顔の産毛が濃いといってもいろいろあり、顔全体に産毛がふさふさ生えている人もいれば、鼻下のヒゲ部分が濃かったり青白く見えたり、眉毛がつながっている人など。

 

個人差はありますが、とにかく、顔の産毛が濃い人は年齢問わず、ちゃんと処理した方が印象もよく、お肌にもよいことになってきます。
顔の産毛処理のメリットは、顔の色がワントーン明るくなること、中学生はお化粧をしませんが、メイクののりが良くなること。
そして、肌の余計なごみも産毛を一緒に処理ができること。だそうです。

 

特に鼻下の産毛は、ヒゲが生えている!とからかわれやすく、イジメにつながることもあります。
眉毛がつながっていることをからかわれて、こっそり自分で剃り、剃り跡が逆に目立ってまたからかわれる。

 

ということもありますので、親がちゃんと見てあげることが大切だと思います。

 

あまりにも濃い、男性並みに腕や脚にも生えてきているという場合には、多毛症の可能性もありますので、病院で一度チェックしてみると良いでしょう。

 

ムダ毛ケアはカミソリが手軽ですが、中学生のデリケートな肌には、カミソリはリスクが高いと思います。切り傷がついて、一緒消えないなんてこともありますよね。
手軽で肌にやさしく、1つ持っているといいのが、顔専用の電気シェーバーです。

 

肌に刃が当たらない設計になっているものを選べば、肌を傷つけることなくムダ毛だけきれいに取り去ることができます。
ただ、お手入れ方法は、最初はお母さんがやってあげるといいでしょう。

 

やり方をよく理解させて、正しい方法でできるようにするだけでなく、シェーバーのお手入れも自分でさせるようにするといいですね。

 

そして、中学生といえども、顔の産毛処理をした後はお肌が敏感になっていますので、紫外線を浴びないように気をつけること。そして、保湿をたっぷりすることで、次に処理するときまでに、もとの肌の状態に戻すことが可能です。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?