顔の産毛

口周りの産毛にはどう対処すればよいのか

ムダ毛というのは基本的に名前の通り、無駄な毛になります。ですから、処理をすることはまずよいことではあります。それは口周りの産毛にもいえることであり、そこをよく理解しておきましょう。つまりは、男性はともかくとして女性などはそれらの点もしっかりと処理していく、ということが重要になっています。

 

ですが、どんな方法で処理をするのか、となりますとこれは賛否がわかれるところになります。口周りの産毛としてはまずはカミソリがあります。さすがにカミソリで処理をする、ということがベストであることは多いのですが、これは肌に対する負担も大きいということになりますから、注意を払う必要性があるところでもあります。

 

出来ればカミソリなどの頼るのではなく、除毛クリームなどに頼ったほうがよいことも多いでしょう。或いはそもそも抜本的に解決するために抑毛クリームなどを使う、ということもあるでしょう。こうすれば様々な方向性からよい効果を期待することができるようになるでしょう。

 

最終手段としてカミソリを使うことは否定しませんし、悪いことでもないのですが色素が残りやすくなってしまう、ということがありますから、これは覚悟しておきましょう。

 

 

豊麗線に沿って生える産毛を脱毛したい

学生時代に鏡を見るたびに気になり始めたのは、昼食時間に牛乳を飲むと出来る口周りの飲み物の付着を指摘されたときでした。口元に広がる産毛は成長と共に少しづつ濃さが増してきており、今では口元の輪郭をなぞるように豊麗線に沿って薄く伸び始めています。

 

入浴時に剃るように心がけていたのですが、剃ることで濃くなったりはたまた男性ホルモンが増えるといった嘘とも本当ともとり辛い噂を聞かされてからというものいっそのこと抜いてしまって物よいのではと思い、最近は真剣に考え始めています。

 

とは言え、生えている部分が顔という事もあり非常にデリケートな部分でありながら痛みは伴はないのかと心配だけが募るばかりでした。

 

そんな時に進められたのがクリニック(皮膚科)での光脱毛処理でした。ある一定の周波数で強い光を当てる事により、毛根から処理していくというものでした。軽い担当医の問診や診察を受けた後、看護師さんの支持のもと気になる箇所に数回に分けて施術していくのでした。

 

表面意ジェル上の保護液を塗り伸ばし、始めは弱い光で横ないます。心地よい痛みを伴うのですが、慣れてくると強い光へと連続して行います。施術後は直射日光を避け、肌の赤みがひくまでは入浴の際も刺激をせずに優しく洗い流すといった説明があったくらいで、無難に脱毛に成功することが出来ました。

関連ページ

顔の産毛ケアローション
女性の口ひげはオッサン化のせいなのか。最近増えているヒゲジョ(ひげ女子)にフォーカスしいろいろな原因や対策をご紹介していきます。